私事と仕事

Private & Public

「プログラミング言語(Rubyなど)をダウンロード・インストールする」ってどういうこと? 調べてみました

f:id:ShiroiToshi:20210220162051p:plain

赤いルビー


プログラミングに興味を持って、とりあえずRuby(人気言語のひとつ)で入門してみようと、公式サイトを訪れた。

www.ruby-lang.org

 

すると……

ダウンロード

ここでは、Rubyインタプリタの代表的な入手方法を説明します。 現在の安定版は 3.0.0です。 Ruby’sライセンスを必ずお読み下さい。

(引用 : "https://www.ruby-lang.org/ja/downloads/", 2021年2月20日

 

プログラミングするには、Rubyインタプリタのダウンロードや、インストールを行う必要があるらしい。そして、私のコンピュータには、なぜか既にRubyがインストールされている。

ruby 2.7.0p0 (2019-12-25 revision 647ee6f091) [x86_64-linux-gnu]

しかし、そもそも言語をダウンロードする、インストールするとはどういうことなのだろう。それを調べてた結果と理解を以下にまとめた。

続きを読む

【詭弁】質問しまくる人

いわゆる口喧嘩を有利に進めるテクニックがある。
「とにかく相手に問う・質問する」というものだ。

例)

  • 「どうして?」
  • 「なんで?」
  • 「◯◯はどういう意味ですか?」
  • 「この主張のどこが問題なのですか?」
  • エビデンスはあるんですか?」

質問された側は、質問に答えずにいるときまり悪いし、第三者から見ると答えない側の印象が悪い。
だから、ついつい、問いにそのまま答えてしまう。そうなると相手のペースだ。

もちろん、議論を進めるため、意味や根拠を尋ねることは必要だが、一部の者は、議論を停滞させ、相手を消耗させるために「問う」のだ。
既に述べたことを、分かってないふりをし、もしくは本当に分かっておらず、問う。
その議論が前提としていることを、議論の途中でひっくり返して、論点をそらす。

 

さらに、悪質な「問う」の利用法がある。
問いに「暗黙の前提」を含めるのだ。そうすれば、答えた時点でその前提を認めたことになってしまう。

例)
「あなたは、今はもう浮気していないんですよね?」

上述の問いにYes/Noのどちらで答えても、自分が過去に浮気をしたと、認めることになる。

このように、問う・質問するは、相手を口論で打ち負かすための、強力なテクニックになる。

では、質問される側は、どう対処すればよいか。
なによりもまず、素直に答えないことだ。

①質問し返す

例)
「◯◯はどういう意味ですか?」
←「先ほど説明したのに、なぜ分かってないんですか? / なぜググらないのですか?」
「あなたは、今はもう浮気していないんですよね?」
←「私がいつ浮気しましたか?」

②質問者の意図を指摘する、まともに取り合わない

例)
「この主張のどこが問題なのですか?」
←また、時間を浪費させようとしているね。不誠実な人間とは議論しない
エビデンスはあるんですか?」
←何度も示しています。読んでから出直してきてください。